鰯でたたきなめろう:お優飯

魚、特に青魚の油が健康に良いのはよく言われているし、

たんぱく質はどんな年代でもしっかり取りたい栄養素です。

パサつきも無く歯にトラブルがあっても比較的食べやすいのが刺身です。

そんな点から鰯の刺身を更に食べやすくしましたよ。

これなら介護食が必要な方と家族が同じように食べやすいです。

(もちろん個人の状態にもよります!)

鰯(他に鯵や秋刀魚、もちろん鮪でもOK!)をお刺身用におろしましょう。

水を流しながら頭と内臓と骨をとって開き、

腹の内側の黒い腹膜を骨と一緒に取り除き、

最後に皮をむいてしまいます。

ここまでは手でできるのでお子さんとやっても良いですよ

魚屋さんでもやってくれてるか…。

で、きれいにしたまな板にのせて、

5㎜幅くらいに切った後、好みの大きさに包丁でたたきます。

小骨が有りそうな部分は念入りにたたくか

取り除いて丈夫な方の方に混ぜ込んじゃってください。

いきなり包丁でたたくよりも仕上がりが良いですし、

残った骨も小さく切れて食べやすいですよ。

途中、刻んだ生姜・大葉・長ネギと一つまみの塩を入れてたたきます。

人によっては臭み消しに味噌を入れても良いけれど、

気分的にも醤油をつけたくなってしまうので、塩分は控えめにしたいからね。

最近は魚の鮮度も良いのでさほど臭くないので薬味の香りで充分でした。

薬味はね、微量な栄養素も取れるし、胃に入った時に持たれにくいので

特に嫌いなものが無ければ入れたほうが良いですね。

途中に入れた塩は、ちょっと味の引き締めと、まとまりをよくする為に入れてあります。

 見た目上、ツマは添えてありますが、食べにくいでしょうから無くて良いですよ。

食べるまでよく冷蔵庫で冷た~く冷やしておいてくださいね。

上にはおろしショウガを乗せてあります。

ちょこっと、お醤油をつけてどうぞ。


ゆるり村のゆるり家

ゆるり村のゆるり家で  たあいもないことしゃべったり ちょこっといいこと教わって にっこり暮せたら…… まぁいいね

0コメント

  • 1000 / 1000